美容

アトピーと洗剤

アトピーによる肌荒れは洗剤を見直して

性

アトピーの人は、肌の弱さに悩むことが多いものです。特に肌に直接触れる服の影響を強く受けます。服の素材などに気を遣うことで刺激を軽減することもできますが、そういった意識をしていても肌荒れが起こってしまうことがあります。 その場合、服の素材だけではなく洗剤も見直したほうが良い場合があります。アトピーでは刺激を受ける成分は人によって違うことがあるので、一般的に肌に優しいといわれている洗剤以外にもさまざまな製品を試してみる必要があります。 肌に優しいとうたっている洗剤の中には、素材を柔らかくするものもありますが、アトピーの場合そういった成分に反応することもあるので注意が必要です。 むかしながらの「せっけん」としてシンプルな配合になっているものが刺激が少ないこともあります。アトピーで洗剤選びに悩んでいたら、こうしたものを利用してみるのが良いでしょう。

アトピー肌でも使える洗剤とは

皮膚の炎症が生じるアトピーの人は皮膚が敏感で刺激に弱いため、身体に接触する衣服をはじめ、化粧品や塗り薬にも注意しなければいけません。その中でも特に気をつけたいのが洗剤で、成分によっては痒みや発疹、かぶれを引き起こす可能性があります。 アトピーの場合、界面活性剤を使用していない洗剤がおすすめです。界面活性剤は脱脂力と洗浄力が強力なため、肌のバリア機能である皮脂を落としてしまいます。肌の乾燥がひどい場合は、皮脂が足りていないせいかもしれません。 また、衣服を白く見せる効果がある蛍光増白剤や、鮮度を保つ合成保存料が入った洗剤もアトピー肌には刺激となります。アトピーの場合はなるべく化学物質を含まないで、天然成分で汚れを落とす洗剤を使用しましょう。